建窯 鉄釉 小服 天目茶碗
(宋時代 12世紀)

商品番号 3265
ご売約、ありがとうございました

口径 約9.4cm/高さ 約4.6cm/高台径 約3.4cm

総じて良い状態です。状態は写真でご確認ください。

建窯は福建省建陽県水吉鎮の付近にあった宋時代の名窯の一つで、喫茶の流行と共に発達しました。国宝とされる曜変天目や油滴天目、禾目天目などの天目茶碗を製作しています。本品は建窯の典型的な建盞(けんさん)、天目型の小服茶碗。見込みに油滴模様、口辺に微妙な禾目、裏面が窯変している景色の豊かな作品です。当時、町で茶売りが本作のような茶碗に抹茶を立てて販売していました。抹茶の他、食器、中国酒などの酒器としても使用できます。



















上へ戻る     閉じる