広東窯 白磁 茶碗
(明時代 15世紀)

商品番号 3262
送料込み 16,000円

口径 約15.5cm/高さ 約6.5cm/高台径 約6cm

窯傷はありますが、総じて良い状態です。状態は写真でご確認ください。

広東窯は、広東省各地に点在する石湾窯、潮州窯、西村窯などの総称です。唐時代に青磁、北宋時代には白磁や青白磁を製作、広州港からアジア各地へ作品を輸出しました。本品はシンプルな白磁茶碗。造形が14世紀、アジア全域で流行した端反りの形をしています。釉薬が美しく変化している繊細な雰囲気の茶碗。緑色の抹茶が映えるでしょう。食器としても使用できます。






















上へ戻る     閉じる