スンコロク 白磁 茶碗
(タイ 15世紀)

商品番号 3176
送料込み 8,000円

口径 約13.9cm/高さ 約5.7cm/高台径 約5.5cm

口辺に約5mmの金直し、窯傷や釉ハゲがあります。状態は写真でご確認ください。

スンコロク(宋胡録)は15世紀前後、タイ中北部のスワンカロークで作られた鉄絵、黒釉、青磁などの古陶磁を総称した呼び名です。桃山時代から江戸時代初期にかけて日本に輸入され、香合や茶道具として使用されました。本品は15世紀に作られた白磁の茶碗。同時代、明では白磁が流行していたので、その影響を受けて製作されたのでしょう。日本の御深井焼の起源ともいえる美しい釉薬(簿妙に緑釉かがっています)が掛かっています。象牙色の温かみのある白釉がやわらかい感じのする茶碗。薄茶器、食器としてお楽しみください。

















上へ戻る     閉じる