唐 白磁 万年壺
(唐時代 8世紀)

商品番号 3161
送料込み 35,000円

高さ 約26.5cm/胴径 約26cm
口径 約12.8cm/高台径 約11.5cm

口辺に釉ハゲ、胴部にニュウが2本、肩に釉ハゲの直しがあります。状態は写真でご確認ください。

中国で初めて白い焼物が焼かれたのは隋時代です。唐時代になると河北省で白磁が生産されるようになります。本品は邢州内邱県周辺にあった邢州窯か鞏県窯で作られた白磁の万年壺。肩部に直し、胴の一部にニュウがありますが、角度を変えてみると美しい表情を見せてくれます。本物の持つ美しさがあり、唐時代のふくよかな造形美が見どころです。観賞用、落としを入れて花器としてお楽しみください。



















↑↓肩から下部にかけてニュウ傷の直しがあります


↑↓肩に釉ハゲの直しがあり、直しの下部からニュウが伸びています


上へ戻る     閉じる