渋草焼 染付色絵 鳥文 四角皿
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 3031
送料込み 6,000円

口径 約15.5cm角/高さ 約3.5cm/高台径 約8cm角

口辺に約1pの直しが2カ所あります。状態は写真でご確認ください。

渋草焼は天保11年(1840年)、地域の磁器需要を満たすために岐阜県高山市に開かれた窯です。渋草陶石を使い、瀬戸や九谷から陶工を招いて良質な作品を生産しました。本品は1878年(明治11年)に一時、衰退していた渋草焼を復活させた報国社の四角皿。高台裏に「渋草 報国」の銘が記してあります。金直しがありますが国焼の魅力を持つ良質な磁器作品です。普段使いの食器としてお楽しみください。













上へ戻る     閉じる