伊万里焼 染付色絵金彩 美人とひな祭り 大皿
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 3025
ご売約、ありがとうございました

口径 約46.5cm/高さ 約6.5cm/高台径 約26.5cm

完品です。状態は写真でご確認ください。

19世紀に入ると日本では庶民を中心とした化政文化が花開きます。その影響を受けて伊万里焼のデザインも多様化、面白い図柄の作品が生まれました。本品はおひな様を飾った邸宅内にいる女性の親子を描いた大皿。元禄様式の染付色絵金彩を使用し、全体的に吉祥文を施しています。大きさから想像すると大きな商家などで実際にひな祭りに使用された食器でしょう。季節感のある京風の作品。ひな祭りに飾ってお楽しみください。










上へ戻る     閉じる