伊万里焼 色絵 城と眼鏡橋 花鳥文大皿
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 2996
ご売約、ありがとうございました

口径 約48cm/高さ 約6.5cm/高台径 約cm

裏の彩色に若干の擦れがありますが、完品です。状態は写真でご確認ください。

江戸時代末期、九州北部にあった藩は長崎のオランダ人貿易商を使って磁器製品を輸出、藩の財政を潤しました。それらの作品の中には外国人好みの様式を取り入れた作品もあったようです。本品は見込みに長崎の眼鏡橋と平戸城を描いた色絵の大皿。城の横に松の木があるので平戸を治めていた松浦藩が特注した作品だと想像できます。裏銘の「采真亭圭子製」は、長崎貿易を許されていた御用商人の名でしょう。江戸時代後期の外国貿易の状況を考察できる飾り映えのする美しい作品です。







上へ戻る     閉じる