伊万里焼 染付 松竹梅文 そば猪口
(江戸時代中期 18世紀前半)

商品番号 2955
送料込み 13,000円

口径 約9.6cm/高さ 約6.5cm/高台径 約6.2cm

口径に若干のゆがみがありますが、完品です。状態は写真でご確認ください。

18世紀前半、ヨーロッパでマイセン窯は創設されると伊万里焼の輸出量は減少します。有田地方にあった窯は、外国から国内向けに販路を切り替え、それと共に和風作品が製作されるようになります。本品は享保時代に作られた染付の松竹文そば猪口。そば猪口というよりも本来は向付として製作された作品です。繊細な筆使いで優しい感じの松竹梅が描かれています。料理を盛ると映えると思います。



















参考写真
「佐賀県立九州陶磁文化館 柴田コレクションW」


上へ戻る     閉じる