大聖寺焼 九谷 色絵 花鳥文 輪花五寸皿 5枚
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 2952
ご売約、ありがとうございました

口径 約13cm/高さ 約2.7cm/高台径 約6cm

完品です。状態は写真でご確認ください。

大聖寺焼は、江戸時代後期から昭和時代初期まで石川県加賀市大聖寺町で製作された磁器作品です。明治時代になると有田地方の職人を誘致、その作品は伊万里焼作品に似ているので現在は通称、「大聖寺伊万里」として流通しています。本品は明治時代に入って作られた輪花金彩色の五寸皿。当時、大聖寺伊万里は外貨を稼ぐ商品としてヨーロッパに輸出され人気を博しました。丁寧な絵付けの作品。華やかな感じがするのでクリスマス。お正月の食器としてお楽しみください。














上へ戻る     閉じる