瀬戸焼 げんこつ茶碗
(江戸時代中期 18世紀後半)

商品番号 2932
ご売約、ありがとうございました

口径 約10cm/高さ 約6.5cm/高台径 約4.2cm
保存箱付き

口辺に約1cmの直しが1カ所と約8mmの直しが2カ所、高台に数か所使用傷があります。状態は写真でご確認ください。

瀬戸焼は愛知県瀬戸市周辺で生産される陶磁器の総称で、六古窯の一つです。江戸時代中期になると、様々な意匠の焼物を生産し、各地の生活雑器の需要に答えました。本品は江戸時代後期の瀬戸焼を代表するブランドの「げんこつ茶碗」。黒釉の胴部に拳骨跡のようなえくぼが5ないし7個つけられています。茶陶ですが、民芸味が加味された作品に仕上がっています。参考写真の作品とサイズが同じです。カジュアルな感じなので普段使いの茶碗にぴったりです。
















↑↓口辺に約1cmの直しが1カ所と約8mmの直しが2カ所あります

参考写真
「別冊太陽 日本骨董大図鑑」

上へ戻る     閉じる