鍛冶町焼 鉄釉流し 肩付徳利
(江戸時代後期 幕末 19世紀中頃)

商品番号 2931
送料込み 7,000円

高さ 約22cm/胴径 約11cm
口径 約3.8cm/高台径 約8cm

経年の汚れ、若干の釉ハゲや窯傷はありますが、水漏れもなく、総じて良い状態です。状態は写真でご確認ください。

鍛冶町焼は天保時代、岩手県花巻に花巻人形の製造業者、古館伊織によって開かれた窯です。伊織は盛岡藩の御用焼物師となり、日常雑器を製作しました。本品は灰釉の地に鉄釉が流され、肩付の首部に鉄釉が掛かった徳利。現代の抽象絵画をデザインしたようなモダンな感じの作品です。国焼ファンにお勧めの一品です。












上へ戻る     閉じる