アーバン プレスガラス ダイヤモンドカット コンポート
(イギリス 20世紀前半)

商品番号 2813
ご売約、ありがとうございました

口径 約15.5cm/高さ 約14.7cm/高台径 約8.3cm

ゆがみがありますが、完品です。状態は写真でご確認ください。

プレスガラスは1820年頃、アメリカで考案されたガラス技法です。熔けたガラスを型に流し込み、成型して作品を製作します。本品は1900年前後に作られたアーバンガラスのコンポート。日本ではあまり使用されないシックな色です。面白いのは機械で作った割に全体的に歪みがあり、アナログ感が出ていること。自然な歪みが愛嬌となるコンポート。秋向きのガラス作品です。














上へ戻る     閉じる