銅製 何仙姑 立像
 (中国あるいはネパール 20世紀初頭)

商品番号 2770
ご売約、ありがとうございました

高さ 約29cm/横幅 約9cm/奥行 約7.8cm

経年の傷みがありますが、総じて良い状態です。状態は写真でご確認ください。

何仙姑(かせんこ)は、中国の代表的な女性の仙人で八仙の中、唯一の女仙です。何仙姑の伝説は唐時代にさかのぼり、蓮や桃の実などの装飾が施された彫像が各地で作られました。本品は中国の奥地、あるいはネパールで製作されたと考えられる銅製の何仙姑像。ネパールの仏教にヒンドゥー経と中国の宗教が融合したネワール経がありますが、そこで作られた可能性もあり、唐時代の服装をしているのでエキゾチックな感じがあります。日本ではあまり見かけることのない珍品。インテリアとしてお楽しみください。














上へ戻る     閉じる