伊万里焼 志田窯 染付 氷裂梅文 七寸皿5枚
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 2754
送料込み 10,000円

口径 約21cm/高さ 約5cm/高台径 約12.8cm

2枚の表にカンニュウ、1枚の裏に釉ハゲ、窯傷のあるものがありますが、裏まで通っているニュウや欠けはありません。状態は写真でご確認ください。

志田窯は江戸時代後期、有田周辺(現佐賀県藤津郡塩田町)に開かれた窯です。それまで高価だった伊万里焼が志田窯の操業によって、庶民の手に届くようになりました。本品は染付で氷裂に梅文を描いた七寸皿。このようなデザインの作品は涼を感じるために、江戸時代は夏に使用されていたようです。気軽に使えるのが志田窯作品の良さ。普段使いの食器としてご使用ください。













1枚裏に釉ハゲがあります


上へ戻る     閉じる