伊万里焼 印判いげ皿 雪輪たけのこ掘り花唐草文 六寸皿 5枚
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 2583
送料込み 6,000円

口径 約18,7cm/高さ 約2.4cm/高台径 約cm

1枚に約7oのホツと約7oの窯傷、1枚に見込みの一部にカンニュウ、1枚の高台に使用傷があります。状態は写真でご確認ください。

明治20年代、有田地方で城島岩太郎が銅印判の技法を開発します。それ以降、有田では銅板印判の大量生産が始まり、当時の陶芸界に新しい新風を起こしました。本品は「城岩」銘にある銅印判「雪輪たけのこ掘り唐草文六寸いげ皿」。「城岩」製はデザインが凝っています。本作を見ると、その面白さが理解できるでしょう。筍掘りの人物の表情がユーモラスで見ていると癒されます。江戸時代の染付作品とは一味違う近代磁器。普段使いの食器としてお楽しみください。











高台に使用傷


一部にカンニュウがあります


↑上の丸が欠け、下の丸が窯傷 ↓窯傷の裏側


上へ戻る     閉じる