九谷焼 色絵 植物文 五寸皿 5枚
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 2572
送料込み 20,000円

口径 約15.5cm/高さ 約2.5cm/高台径 約8.5cm

釉薬に使用によるスレがありますが、完品です。状態は写真でご確認ください。

九谷焼は、江戸時代後期に石川県で再興された焼物の総称です。かつて青手古九谷作品は石川県産と考えられていましたが、発掘調査などを行った結果、作品は有田地方で作られたことが判明しました。本品は明治時代、九谷焼で製作された色絵植物文五寸皿。 本作の肌を見ると柿右衛門の濁手に似ているので、陶工が有田の地で磨いた技術を九谷に持ってきたことがわかります。柿右衛門と京焼の絵が合体したような美しい作品。春を感じる図柄ですので、今からの季節、懐石料理などを盛ると映えるでしょう。








上へ戻る     閉じる