長沼焼 御深井釉 鉄釉印判 花草文 鉢
(明治時代 19世紀中頃)

商品番号 2525
送料込み 8,000円

口径 約25.5cm/高さ 約11cm/高台径 約11cm

所々釉ハゲ、高台に約2cmのアタリがありますが、総じて良い状態です。状態は写真でご確認ください。

長沼焼は幕末、福良焼の影響を受けて福島県岩瀬郡長沼村で開かれた窯で、陶器や磁器の日常雑器を生産しました。製作時、勢至堂焼と同じ土を使用したので、長沼焼と勢至堂焼の区別は難しくなっています。本品は、まだ長沼焼が磁器生成を行っていない時期の印判鉄絵鉢。もしかすると磁器生成と同時に陶器を作っていたのかもしれません。最初は美濃の御深井焼の作品と考えていましたが、図録資料「日本やきもの集成」の灰釉の瓶子と御深井焼との違いを考慮して長沼焼と鑑定しました。本品から地方窯を研究するのも面白いと思います。市場で見かけることのない珍品。国焼ファンにお勧めです。







参考写真
「平凡社 日本やきもの集成1 北海道・東北・関東」


上へ戻る     閉じる