瀬戸焼 鉄絵 龍唐草文 鉢
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 2513
ご売約、ありがとうございました

口径 約24.5cm/高さ 約10cm/高台径 約12cm

口辺と高台に複数のニュウやアタリがあります。状態は写真でご確認ください。

江戸時代後期、瀬戸焼では日常使いの鉄絵を施した雑器が多数生産されました。そのような食器は主に東海道沿いの地域で使用されていたようです。本品はデザインから伊万里焼の図柄の影響を受けて製作された作品。瀬戸焼の鉄絵作品の中でも珍品の部類に入る鉢です。馬の目などの既製品と違って作者の個性を感じることができます。秋から冬にかけて食器、栗や柿などを盛る容器として使用できます。絵瀬戸好きな方にもお勧めの一品です。








上へ戻る     閉じる