源内焼 三彩 陽刻 孔雀文 9寸皿
(江戸時代中期 18世紀後半)

商品番号 2512
ご売約、ありがとうございました

口径 約27cm/高さ 約4cm/高台径 約18.5cm

左下部に横幅約20cmの直し、口辺や高台にアタリ傷があります。上手な直しなので鑑賞には問題はないと思います。状態は写真でご確認ください。

源内焼は18世紀後半、四国の高松藩(水戸徳川家の流れの譜代の名門)が平賀源内に主導させた御用窯です。藩が誇ることのできる作品を目指し、交趾焼に似た三彩を採用、蘭学から吸収した外来文化のデザインが見込みに施されています。 本品は三彩で四羽の孔雀を陽刻で描いた9寸皿。御用窯らしく斬新なデザインが採用されています。源内焼は献上品なので市販されず、近年まで市場に出ることが稀でした。飾って見ていると蘭学に影響された18世紀後半の日本文化を感じることができます。観賞してお楽しみください。







上へ戻る     閉じる