柳瀬焼 鉄釉 お預け徳利
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 2489
送料込み 6,000円

高さ 約24.5cm/胴径 約15.5cm
口径 約4.5cm/高台径 約12.5cm

傷はありませんが、油臭がするため、酒器には向きません。状態は写真でご確認ください。

柳瀬焼は元禄時代、愛媛県大洲市菅田町大竹に開かれた大洲藩の御用窯です。18世紀後半、砥部焼北川毛窯と交流していたという説があり、両窯は伊予の焼物文化をリードしました。本品は首部に鉄釉の掛かった徳利。本品の見どころは独楽の形の造形、胴部にかかった海鼠釉、意図的に釉薬を掛けている首部の景色です。上品なので本来は茶会で使用されるお預け徳利だと考えられますが、後に油容器と使用されていたようです。シンプルですが魅力のある作品。サイズが小さめでかわいい感じの徳利です。








参考写真
「日本やきもの集成10 四国」


上へ戻る     閉じる