和田頼挙 女子と金魚
(大正時代 20世紀前半)

商品番号 2409
送料込み 20,000円

本紙サイズ 縦横 136.5cm×40cm
軸サイズ 縦横 213cm×53cm
保存箱付き

絹本肉筆。経年の染みや折れがあり、保存箱の蓋の一部に直しがあります。状態は写真でご確認ください。

和田頼挙(わだ・らいきょ、明治29年〜昭和14年)は島根県浜田市に生れの日本画です。同郷の田中頼璋に学んだ後、山内多門の若葉会に入会、第48回日本美術協会展に出品した「山家の秋」第50回展の「晴れゆく朝霧」は宮内省買上げとなりました。本作は可愛らしい女子が金魚を見ている軸。娘さんを描いたのか、画面から愛情があふれている感じがします。大正時代前後の作品ですが、現代美術に通じるモダンさがあります。見ていると和んできます。


上へ戻る     閉じる