鈴木稔 益子焼 丸文 八角八寸皿
(現代 21世紀前半)

商品番号 2390
送料込み 6,500円

口径 約23.5cm〜25cm/高さ 約3cm/高台径 約16.5cm

完品です。状態は写真でご確認ください。

鈴木稔(1962年、埼玉生まれ)は益子焼の現代作家です。1996年に益子町に築窯、以降、益子の土と釉薬を使ってモダンな作品を作り続けています。本品は丸文の八角皿。八角形の見込みの上に丸文と余白のバランスが絶妙な世界が広がっています。食器というよりも抽象画を見ているような感じもします。どのような料理を盛るか考えると楽しそうです。お洒落なランチ、サラダ、デザート等でお楽しみください。







上へ戻る     閉じる