景徳鎮 染付 唐草文 茶入
(明時代 15世紀)

商品番号 2369
送料込み 15,000円

高さ 約5cm/胴径 約7cm
口径 約3cm/高台径 約3.7cm
牙蓋、保存箱付

口辺に釉ハゲ、約7oのアタリがあります。状態は写真でご確認ください。

元時代に始まった中国の染付は、明時代になると庶民化し、日常雑器として生産されるようになります。そのような作品は日本に輸入されると貴重品として扱われました。本品は唐草文の染付茶入。本来は薬入れと考えられますが、象牙蓋を付けて茶入に見立てられています。当時、流行した東アジアの染付作品の基になる景徳鎮の作。かわいい感じがする古玩に値する作品です。古い箱に仕込むと格が上がりそうです。観賞用、茶入としてお楽しみください。













上へ戻る     閉じる