舟見焼 黒釉 壺
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 2293
送料込み 6,500円

高さ 約20cm/胴径 約15cm
口径 約8cm/高台径 約9cm

窯傷がありますが完品です。状態は写真でご確認ください。暫く水を入れた後、乾くと白い結晶が浮き出てきます。景色としても面白いですが、拭くと綺麗になります。

舟見焼は富山県新川郡入善町付近で生産された陶器の総称です。幕末に開窯、短期間の活動で明治時代には窯は閉じられたようです。本品は棚山窯で作られた黒釉の壺。轆轤目があることから越中瀬戸焼の陶工の指導で作られたと考えられますが、越中瀬戸焼の作品とは土味も釉薬も異なっています。舟見焼の作品の残存数は少ないので、国焼ファンにお勧め珍品です。北陸の国焼、生活感を感じさせてくれる一品。本当に素朴です。









上へ戻る     閉じる