青磁 盤口瓶
(李朝時代初期 14世紀)

商品番号 2278
送料込み 10,000円

高さ 約22cm/胴径 約14cm
口径 約6cm/高台径 約9cm

窯傷、経年の汚れがありますが、完品です。水は漏れません。状態は写真でご確認ください。

高麗時代後期から李朝時代初期にかけて、本作のような青銅器を模した青磁の盤口瓶が雑器や明器として生産されました。高麗時代の作品は磁器質ですが、李朝時代に入ると陶器質になります。本品は李朝時代初期に作られた盤口徳利。高麗時代の作品と比べると穏やかで、左右非対称さに李朝らしさが表れています。釉薬の変化が魅力的な作品で、八代焼や志戸呂焼のような釉薬の感じがあります。緑の葉物など活けると映えそうです。観賞用、花器としてお楽しみください。











胴部に線が見えますが、ニュウではなく窯傷になります


上へ戻る     閉じる