瀬戸焼 椿手 ひょうたん 徳利
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 2251
送料込み 15,000円

高さ 約19.5cm/胴径 約14cm
口径 約3cm/高台径 約8.7cm

良い状態です。状態は写真でご確認ください。

丹波焼は兵庫県今田町周辺で生産された六古窯の一つで、鎌倉時代初期から現在まで窯が続いています。 江戸時代後期、窯が立杭に移ると陶技も多彩になり、個性的な装飾が施された作品が作られるようになりました。 本品は椿手(柿色釉に灰釉の斑点を施したもの)の瓢箪型徳利。三面に引っ込みがあるので有機的な立体感があり、「ひょうげた」感じがします。西洋のバロックやアールヌーボーに通じる美があります。花器としてお楽しみください。









上へ戻る     閉じる