須恵器 広口壺
(平安時代末期 12世紀)

商品番号 2092
送料込み 9,000円

高さ 約15.5cm/胴径 約17.5cm/口径 約11.5cm

口辺が一部欠損し、胴部に直しがあります。状態は写真でご確認ください。

須恵器は4世紀頃、日本列島に朝鮮半島から伝播したb器です。最初は輸入品でしたが、時代が下ると日本でも生産が始まり、それが中世まで続きます。 本品は平安時代に作られた広口壺。古代と中世のはざまに位置する作品です。平安時代の作なので、優しい浄土教の雰囲気があります。平安時代の仏教的雰囲気を持つ作品です。鑑賞用や花器(花を生けるときは、落としを入れてご使用ください)としてお楽しみください。

















上へ戻る     閉じる