blog

黄瀬戸とスンコロクの鉢
[2024/02/25]

先週、東京は雨がちの天気でした。一方で気温は4月下旬並み。2月にしては暖かい気候です。
写真は美濃焼の黄瀬戸(江戸時代初期)とスンコロクの青磁釉の鉢(タイ15世紀)。春に菊のデザインの作品を出品するのは季節感がずれている感じがしますが、たまたま両作品が同時期に入手できたので陶器について考察します。スンコロクの鉢を見た時、黄瀬戸に似ているなと感じました。しかし、時代を考慮するとスンコロクが黄瀬戸に似ているのではなく、黄瀬戸がスンコロクを模倣して作られたことがわかります。桃山時代の黄瀬戸や織部は和風と思われがちですが、ルーツをたどるとデザイン的には東南アジアや中東の陶器に起源があります。これらの作品を見ると16世紀の日本が国際交流の盛んな国だったことがわかるでしょう。日本が鎖国的な国家になったのは17世紀後半、清朝の成立によって日本人の海外渡航が減少したからです。そのような状況は現在でも起こっており、以前にもまして世界的に中国の影響は大きくなっています。また、円安によって日本人は外国に行きにくくなり、グローバル化の流れとは逆向きの現象が起こっています。秀吉が朝鮮半島に出兵した時期は戦前の日本、清朝が安定し始めた1660年頃は現在の日本とそっくりです。様々な古美術品に接していると、それをきっかけに日本の状況を理解できるようになります。古美術品との出会いによって世界に接することができるのは楽しいですね。

黄瀬戸陶片の口径 約27.5cm×25.8cm/高さ 約9.4cm
スンコロク鉢の口径 約17cm/高さ 約6.5cm

黄瀬戸陶片の購入をご希望の方はこちらから
スンコロク鉢の購入をご希望の方はこちらから


犬山焼 色絵 立ち雛図 油壺
[2024/02/18]

先週は春節だったので、多くの中国人が日本に来たようです。テレビニュースは外国人観光客で混雑する各地の様子を放映、それに日経平均株価が上昇したこともあって、人々は寒い冬を楽しんでいる感じがします。毎月、イベントが開かれるので日本はいつもお祭り騒ぎ。2月中旬になると日本中で3月3日のひな祭りの準備が始まります。仙遊洞のある西荻では毎年、美術関係者が中心となって「西荻雛祭」が開催されます。コロナ禍前までは当店も「西荻雛祭」に参加していたのですが最近はひな祭りに関する商品を扱わなくなったので参加を見合わせています。
写真の作品は犬山焼の色絵の立ち雛図油壺。油壺は江戸時代に鬢付け油などを入れる容器として使用された道具です。近代になって作られたひな人形はたくさん残っているのですが、江戸時代の商品になると数が少なく、今回の油壺などは珍品の部類に入ります。この油壺が製作された江戸時代は封建制度が残っていた男尊女卑の社会でした。しかし、最近は男女平等も徐々に浸透、欧米ほどではありませんが優秀な人材は性別に関係なく活躍できる社会になりつつあります。ちなみに杉並区の国会議員も区長も女性。杉並区で生活している女性たちは本当にたくましい。「西荻雛祭」やひな祭りの影響でしょうか。

高さ 約6.8cm/胴径 約12cm

御売約、ありがとうございました

木彫 文殊菩薩
[2024/02/11]

テレビで受験生たちが湯島天神に行き、合格祈願をしているニュースが流れています。それを見て、自分の子供たちの受験や合格発表の時にハラハラドキドキしたことを思い出しました。それは昔の話ですが今、思い出しても緊張を感じます。受験生にとって希望する学校に入学することは一大事。神仏にすがってでも合格を勝ち取りたいでしょう。写真は明治時代に製作された木彫の文殊菩薩。彫刻的な要素が入っているので明治維新が落ち着いた文明開化期に作られた作品であることが想像できます。当時、日本人は全国に設置された高等教育機関で学問を修めることによって立身出世を夢見ていました。高等教育機関の数が少なかった時代、受験戦争は苛烈を極めたはず、特に薩長閥から外れた人々にとって勉学に励むことは重要だったでしょう。
ところで受験には運不運がつきもの。受験当日の体調やその日の天候によって試験結果が左右されてしまうこともあります。自分の実力を発揮するのであれば焦りは禁物、気持ちを落ち着かせるために受験生たちは、お守りなどを持参します。本作を見ると文殊菩薩は獅子に乗って平然とした表情をしています。 なるほど文殊菩薩は獅子身中の虫を退治するための神仏、気持ちを落ち着かせてくれる信仰対象です。古美術品も落ち着いて観賞すると新しい世界を見せてくれます。今回、文殊菩薩がなぜ獅子に乗っているのか理解できたような気がしました。受験生の皆様、落ち着いて受験に臨んでください。

台座から光背までの高さ 約26.5cm

御売約、ありがとうございました

https://www.photo-ac.com/main/search?
q=%E6%B9%AF%E5%B3%B6%E5%A4%A9%E7%A5%9E&srt=dlrank


犬山焼唐子徳利と大堀相馬焼跳ね駒徳利
[2024/02/04]

来週10日から17日まで中国では旧正月の春節を迎えます。コロナ禍も落ち着き、国内移動が自由になって約3億人が旅行などで移動するとか。やはり中国の春節は大規模ですね。
写真の犬山焼徳利には唐子が楽器を演奏する様子が描かれています。その背景に松や花が描かれているのでこれが春節を祝う作品であることがわかります。この作品が作られたのは幕末、まだ日本も旧暦を使用していた時代です。一方の大堀相馬焼の徳利には走る馬が描かれています。相馬は平将門の時代から馬の産地で野馬追(のまおい)は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
この徳利を出品した理由は今月12日が初午の日だからです。江戸時代、人々は初午の日(旧暦の正月、最初の午の日)に稲荷神社へ参拝することで、お稲荷様の御利益にあやかると信じていました。午(うま)は午年の午で馬を表わし、この日から夏に向かって太陽活動が活発になっていきます。興味深いのは初午の日、京都では稲荷神社に詣で稲荷寿司などを食すことです。 最近は恵方巻の方が有名ですが、昔の人は初午の日に初午いなり、初午だんごなど稲荷神に関連した食物を食べました。2本の徳利を見ながら旧暦の行事を思い出し、初午の日に商売繁盛を願ってきつねうどんと稲荷寿司でもいただこうかと考えています。

犬山焼唐子徳利の高さ 約24cm/胴径 約8.7cm
大堀相馬焼跳ね駒徳利の高さ 約27cm/胴径 約9.5cm

購入をご希望の方はこちらから

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ab/Fushimiinari-taisha%2C_torii-2-1.jpg


宮脇憲三 油絵「梅」
[2024/01/28]

店の前に小さな花壇があります。そこには梅と薔薇の木が植えてあり、現在、薔薇と梅の花が同時に咲いています。小さな花壇は限界があるので木が大きくならないように剪定しています。
写真は昭和30年代に描かれた梅林の油絵。梅の木の向こうに畑が広がるのんびりとした風景画です。仙遊洞は1998年に開店したのですが、昔から住まれている近所の方に話を聞くと昭和30年、この辺にもたくさんの畑があったとか。最近、西荻は住宅地として人気があるので大きなマンションが次々建ち、人口も増えています。 私が初めて西荻に来た40年前はバブル経済の真っ最中でしたが人口もそれほど多くなく、のんびりとした時間が流れていたことを思い出します。駅の近くの繁華街の発展は別として、善福寺公園の北方面を歩くといまだに畑が広がっていて、農家の方が野菜を作っています。本作を見た後、武蔵野の畑や森、小川を見ると気持ちがリフレッシュします。西荻は少し歩くと美しい風景に出会うことができるので、ありがたいことだと改めて感じました。油絵作品が風景を見る視点を喚起してくれる。これが古美術品と付き合う楽しさです。

ピクチャーサイズ 縦横 約44cm×51cm
額サイズ 縦横 約67cm×75cm

購入をご希望の方はこちらから


カンボジア 鉄釉 四耳壺
[2024/01/21]

大河ドラマ「光る君へ」の舞台である平安時代、浄土教が勃興していました。隣国の宋では浄土教の他、禅宗も流行していましたが都の貴族たちは地味な禅宗を受け入れませんでした。日本で禅宗が盛んになったのは鎌倉時代。貴族の勢力が減退し、リアリズムを持った武士が台頭した時代です。浄土教と禅宗を区分すると浄土教は金と色彩、禅宗は水墨画の世界観を持っていることです。また浄土教は都市部、禅宗は自然の中にある仏教だと考えると理解しやすいでしょう。

写真のカンボジア産の四耳壺が作られたのは「大阪の陣」が終わり、武士が海外に活路を求めた時代です。呂宋助左衛門や山田長政が活躍した頃。浪人たちは封建的になった日本を棄て、一旗揚げるために東南アジアで傭兵となりました。江戸時代と言えば鎖国した日本を思い出しがちですが、江戸初期の日本人は意外とグローバルな世界で生きていました。バブル直前の時代も同じ、日本企業は富を求めて各国に進出していました。
ところで現在の日本の状況を分析すると江戸時代初期とは逆の現象が起こっています。外国に行く日本人の数は微増ですが、訪日外国人旅行者の数は激増しています。コロナ禍で一時中断していた訪日も円安の影響もあって東京や京都は外国人だらけ。有名な観光地ではオーバーツーリズムの弊害も叫ばれています。 訪日外国人と同様、昔は現地に行かなければ購入できなかった中国や韓国を始め、東南アジアの古美術品も日本にやってきます。同時に高額だった古美術品も求めやすい価格になっています。人だけではなく古美術品もオーバーアンティーク気味。このような状況がいつまで続くかわかりませんが、骨董好きの私はこれも時代だと思って楽しんでいます。

高さ 約39cm/胴径 約34cm

購入をご希望の方はこちらから

https://drmory.com/visitor-trends-2019/


湖東焼 赤絵 龍文 盃
[2024/01/14]

年が明け、7日からNHKの大河ドラマ「光る君へ」が始まりました。主人公は平安時代の女流作家・紫式部。彼女が書いた「源氏物語」は世界的に見ても文学史上の傑作です。「源氏物語」が出現する背景に平安時代の文化レベルの高さを知ることができます。この小説が出て以降、和風の芸術は「源氏物語」を題材にしながら発展したと言っても過言ではないでしょう。
ところで、歴代大河ドラマの第一作目は彦根藩の家老井伊直弼を主人公にした「花の生涯」。昨年、放送された「どうする家康」でも彦根井伊家の祖・直政が活躍していました。平安時代の政権を藤原氏が担ったとすれば、江戸時代は徳川家を中心にした武士団が国の安定を守りました。ちなみに、井伊直弼が衝撃される桜田門外のシーン、雪が降っているので一般的にこの事件は冬に起きた印象がありますが、実際に襲撃されたのは雛祭りの時期、どちらかというと春です。季節もこれからという時、直弼は刃に倒れ、それから幕末の激動が始まります。
写真の盃は湖東焼の作品。文化人だった井伊直弼が主導して作らせた焼物です。先代の十二代直亮、十三代直弼時代の湖東焼を見ると彦根藩の文化レベルの高さを感じることができます。藩窯作品には作家銘が入っていますが、本作には銘がないので個人的に桜田門外の変(1860年)が起こった後に作られた作品ではないかと想像しています。それから2年後の文久2年(1862年)、湖東焼は廃窯となります。
藤原氏が消えて貴族文化が消滅したように徳川政権が瓦解して武士の世は終わりました。本作に日本酒を注いで飲むと、日本史の栄枯盛衰の一面に触れることができそうです。

口径 約6.5cm/高さ 約4.1cm

御売約、ありがとうございました

正院焼 青手九谷 色絵 山水文 大皿
[2024/01/07]

1月1日16時6分頃、能登半島大地震が起こりました。東京も揺れたので、またいつもの地震かと思いましたが、ニュースで流れてくるのは驚くような映像でした。2011年の東日本大震災を思い出してしまいました。地震で被災された方の一日も早い復興と、日常生活を取り戻されることを願っています。
写真の作品は正院焼の青手九谷色絵山水文大皿。この作品を製作したのは石川県珠洲市正院にある正院窯、今回の地震の被災地です。テレビでニュースを見ていると何度も、正院町という名前が出てきます。それを聞くたびに珠洲市のことを思い出しています。東日本大震災の時は福島県の相馬焼の窯元が放射能の影響で立ち入り禁止となり、伝統の窯が消えかけました。古美術商をしていると列島のどこかで災害が起こるたびに、そこのある国焼窯のことが思い浮かび心配になります。日本列島はプレートの境界上にあるのでは地震が多いのは仕方ないことですが、地震の度に古美術品が消えていくのは忍びないことです。それが人命となるとなお辛い。2024年の始まりは地震の正月となりましたが、これまで何度も災害から復興しました。今回もまた皆で協力して被災地の支援に乗り出し、復興できると信じています。

口径 約36.6cm/高さ 約7.2cm

あらためまして、あけましておめでとうございます。

写真の作品は切込焼の染付龍漢詩文徳利。
切込焼は、現在の宮城県加美町に創設された窯です。2011年から12年、一部の地域以外、東北地方は以前のような姿を取り戻しています。毎年、様々な問題が起こりますが、これからも古美術品から勇気をもらって前に進んでいきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

高さ 約22.5cm/胴径 約11.5cm

御売約、ありがとうございました

上へ戻る