芙蓉に小禽図 (1921年 大正10年)

商品番号 0940
送料込み 28,000円

本紙サイズ 縦横 112cm×32.5cm
軸サイズ 縦横 182cm×48.5cm
箱付

絹本肉筆。経年のヨゴレ、シミがあります。状態は写真でご確認ください。

軸に「頼孝写」と署名があります。頼孝について詳細は不明ですが、画風や時代から大正時代前後に流行したデロリ風の作風に影響を受けた日本画家であることが推測できます。デロリは画家・岸田劉生や甲斐庄楠音が描いた濃厚で奇怪なリアリズムをさす言葉で、明治時代から大正時代にかけて流行しました。本品はデロリ風に描かれた「芙蓉に小禽図」。形式的なそれまでの日本画にリアリズムが取り入れられた作品で、近代的リアリズムを持つ作家の視線で描かれています。芙蓉は夏の花、これからの季節、床の間にかけてお楽しみください。


上へ戻る     閉じる