伊万里焼 神道丸文 そば猪口 (江戸時代中期 18世紀後半)

商品番号 0759
送料込み 12,000円

口径 約9cm/高さ 約6.5cm/高台径 約6.2cm

口辺に2ミリのソゲ、見込みに窯傷があります。状態は写真でご確認ください。

丸文にストライプの幾何学文と山水が組み合わされたグッド・デザインのそば猪口。丸文は神道の太陽、あるいは鏡、ストライプは滝の流れを隠喩しているのでしょう。 そこにねじりの竜巻。自然を崇拝する感性があふれています。 賀茂真淵などによって、神道が徐々に日本各地に根付いていく時代のそば猪口です。料理に使用して、時代の雰囲気をお楽しみください。











上へ戻る     閉じる