瀬戸焼 しだれ桜巴文 七寸皿(明治時代前期 19世紀後半)

商品番号 0296
送料込み 12,000円

口径 約22.7cm/高さ 約3.5cm/高台径 約13cm

大きなワレ、カケはありませんが、口縁に小さなホツが数か所あります。状態は写真でご確認ください。

民芸品の代表ともいえる瀬戸焼の行燈皿、七寸皿は江戸時代後期、雑器として大量に生産されました。 しかし、陶器であるために壊れやすく残存するものは限られています。
本品はしだれ桜巴文を鉄釉の吹き墨で描いた、瀬戸焼には珍しい軽やかな七寸皿です。 状態が良いので食器として使用できます。何を盛るかは料理人の腕次第です。





上へ戻る     閉じる