丹波焼 朝倉山椒壺 水指
(昭和時代初期 20世紀前半)

商品番号 2214
送料込み 10,000円

高さ 約16cm/胴径 約16.5cm
口径 約12cm/高台径 約12cm
共箱付き

箱に「朝倉山椒丹波水指」の文字が見えます。塗蓋の取っ手に直しがあり、経年の汚れや窯傷がありますが、水指は良い状態です。状態は写真でご確認ください。

朝倉山椒壺は安土桃山時代から江戸時代初期にかけて丹波地方で作られた山椒容器の壺です。造形の面白さから、古美術界でも人気があり、近代になっても類似品が生産されました。本品は20世紀前半に作られた朝倉山椒壺の水指。民芸が再発見された時期に作られた作品です。民芸の面白さを茶道具に見立てています。水指、花器としてお楽しみください。













上へ戻る     閉じる