美濃焼 褐釉 片口
(江戸時代中期 18世紀前半)

商品番号 2175
送料込み 8,000円

口径 約17.5cm〜20cm/高さ 約11.5cm/高台径 約9cm

片口の注ぎ口周辺と口辺に1cmに直しがあります。状態は写真でご確認ください。

美濃焼は現在の岐阜県多治見市、土岐市周辺で中世初頭、須恵器を製作するために開かれた窯です。安土桃山時代、美濃焼では織部、志野、黄瀬戸など独特の意匠の作品を作り一世を風靡しました。本品は江戸時代に入り、生活雑器を作った窯になった時代の片口。後の民芸品の基礎となった時代の作品。口部周辺に継いだ後がありますが状態は良いので、初期の他、和え物などを盛る食器として使用できるでしょう。
















上へ戻る     閉じる