苗代川(薩摩焼)白薩摩 獣面五足 花瓶台
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 2160
送料込み 12,000円

高さ 約13.5cm/横幅 約c18m
口径 約13.5cm/穴径 約7cm

経年の汚れがありますが、良い状態です。状態は写真でご確認ください。

苗代川焼(薩摩焼)は、桃山時代、朝鮮半島から移住してきた陶芸家たちが最初に開いた薩摩焼の窯です。彼らは半陶半農の生活を行い、藩内の陶磁器の需要に答えました。本品は18世紀後半、藩営となった時代以降に作られた花瓶台。同じ様式の花瓶をこの台の上にのせていたと考えられます。当時、このような作品を使用できるのは上流階級の人に限られていました。御用窯の作品と言える一品です。薩摩焼の資料としても貴重な作品だと思います。花瓶台、インテリア、落としを入れて花器としてお楽しみください。














上へ戻る     閉じる