伊万里焼 龍 雨文 向付5客
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 2129
送料込み 15,000円

口径 約8.8cm/高さ 約6.3cm/高台径 約5cm

個体差、窯傷等ありますが、完品です。状態は写真でご確認ください。

雷神(かみなり)である龍と雨、流水文の洒落た向付です。文様から梅雨から初夏をイメージしてデザインされたと考えられます。雷神は、出雲の大黒天の化身で厄災を払う神です。このような作品は田植えの時期に、秋の豊作を祈願するときに使われたのでしょう。アニメに登場しそうな可愛い龍も描かれています。豊かな日本の四季を感じさせてくれる作品です。冷菜でも盛りつけて、季節感をお楽しみください。






















上へ戻る     閉じる