唐津焼 柳の元窯 鉄釉 茶碗
(江戸時代中期 18世紀中頃)

商品番号 2087
送料込み 12,000円

口径 約11cm〜11.5cm/高さ 約7.5cm/高台径 約5cm

口辺に約4.3cmと2.3cmの直し、窯傷、全体的に歪みがあり、高台が少しがたつきます。状態は写真でご確認ください。

柳の元窯は現在の長崎県東北部にある窯です。木原窯周辺にある窯で、一般的に唐津焼の一部に分類されています。本品は木原窯の雰囲気に似た鉄釉で絵付けをされた茶碗。土を見ると木原窯よりも鉄分の多い土を使用していることがわかります。くわらんかが大量生産された江戸時代中期の雰囲気を持つ民芸調の作品。抽象的な絵付けが味わい深い景色のなっている作品です。くらわんかよりも数が少ないので珍品。薄茶用の茶碗としてお楽しみください。
















上へ戻る     閉じる