出石焼 白磁 徳利
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 1990
送料込み 8,000円

高さ 約22cm/胴径 約15cm
口径 約4cm/高台径 約8cm

口辺にカンニュウが入り染みがあります。状態は写真でご確認ください。

出石焼は江戸時代後期、兵庫県北部の出石藩内で白磁の鉱脈が発見された後、開かれた窯です。当時の陶工は鍋島焼の陶工の指導を受けて染付、色絵磁器などを作ったといわれています。本品は 明治時代、出石焼が独自の磁器を生産するようになった時代の白磁の徳利。、出石焼の徳利の特徴である平らな胴部をしています。マットで、少しクリームがかった感じがする温かみを感じさせてくる作品。見ていると癒されます。インテリア、花器としてお楽しみください。











上へ戻る     閉じる