青備前焼 陽刻 梅文 輪花皿10枚
(江戸時代後期 1800年)

商品番号 1921
送料込み 20,000円

口径 約15cm/高さ 約3cm/高台径 約7.5cm
共箱付

それぞれに若干のホツやソゲがありますが、使用に問題はありません。オリジナルを尊重して直しをせずに出品します。状態は写真でご確認ください。

青備前は、窯の中の酸素があたらない場所(強還元状態)で焼かれた青灰色に発色する焼物です。酸素がなければないほど、水色に近い青になり、その独自の色は江戸時代、数寄者から愛されました。本品は、寛政12年(1800年)に作られた年代のはっきりわかる青備前梅文皿。この手の作品はめったに市場に出てこないので、10枚セットで出品しました。ピューターのようなモダンな雰囲気がします。食器や菓子器として、懐石の場などでお楽しみください。


































上へ戻る     閉じる