萩焼 井戸写し 茶碗
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1875
送料込み 12,000円

口径 約15cm/高さ 約7.8cm/高台径 約5cm
保存箱付き

経年の汚れがありますが、良い状態です。状態は写真でご確認ください。

深川萩の井戸写し茶碗です。深川窯は17世紀半ば、松本窯から移り住んだ陶工たちによって開かれた窯です。明治時代以降、萩焼の名声が上がったので、深川萩も萩焼に分類されるようになりました。本品は大正時代前後に作られた深川萩の茶碗。釉調も美しく、手取りが軽い、上品な雰囲気のする茶碗です。銘はありませんが、腕利きの陶工が作った作さと考えられます。使用頻度が低かったのか状態が良く、これから使うと味が出そうな茶碗です。普段使いの茶碗として育ててください。

















上へ戻る     閉じる