中野焼 鳳凰文 菓子鉢
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 1873
送料込み 10,000円

口径 約17.3cm/高さ 約9.2cm/高台径 約7cm
保存箱付き

経年の汚れがありますが、完品です。状態は写真でご確認ください。

中野焼は、現在の平戸市山中町紙漉に17世紀初頭に開かれた窯です。 初期は熊川風に茶碗を製作していましたが、江戸時代中期になると、鉄分の強い土に灰釉薬を掛けたひび焼の染付作品を作るようになりました。 本品は19世紀前半に製作された陶器風の鳳凰文鉢。長崎に近い窯らしく柄が中国趣味の鳳凰文となっています。 伊万里焼とは違う九州の陶器。お茶の菓子器や食事の煮物料理などを盛ってお楽しみください。













上へ戻る     閉じる