李朝 白磁 鉢
(李朝時代後期 19世紀前半)

商品番号 1860
送料込み 20,000円

口径 約15cm/高さ 約8.5cm/高台径 約7cm

割れ、欠けはありませんが、見込みに目跡、カンニュウにシミがあります。状態は写真でご確認ください。

1752年、李朝は官窯を金沙里から分院里に移し、1883年まで政府下で白磁を生産しました。 官窯の周辺には脇窯が作られ、分院と同じような青味がかった白磁の作品を作っています。本品は脇窯で作られた白磁鉢。見込みを見ると地肌の赤い土がうっすらと表面化し、目跡の小石と繊細な景色を作っています。作為のない、偶然できた美を感じることができます。初期伊万里を連想させる美しい釉薬が掛かった民芸品。韓国料理を盛ってお楽しみください。

















上へ戻る     閉じる