須恵器 丸壷
(平安時代 11世紀)

商品番号 1824
送料込み 13,000円

高さ 約19.4cm/胴径 約19cm/口径 約12.5

口辺に約5cmと1cmの直しがあります。花器としてご使用の際はオトシをご利用ください。状態は写真でご確認ください。

須恵器は4世紀頃、日本列島に朝鮮半島から伝播したb器です。最初は輸入品でしたが、時代が下るにつれ、日本でも生産が始まり、中世まで生産が続きます。 本品は祭器と考えられる台座壺。出土地は不明ですが、口辺の反り返しから平安時代後期に作られた作品と鑑定できます。貴族から武士が政治を支配する転換期に作られた作品です。浄土教の影響を受けているので、丸みを帯びています。秋の月を見ているような感じがします。ススキなどを活けると風情が出るでしょう(花を生ける場合は、落としをご使用ください)。














上へ戻る     閉じる