美濃焼 褐釉 天目茶碗
(江戸時代初期 17世紀初頭)

商品番号 1817
送料込み 10,000円

口径 約11.5cm/高さ 約7.5cm/高台径 約4.5cm
保存箱付き

口辺から高台にかけてヒビが入り、発掘品を呼び継ぎで直しをしています。状態は写真でご確認ください。

天目茶碗は宋時代に流行した茶碗です。それが禅宗と共に鎌倉時代に輸入され、安土桃山時代に普及しました。本品は茶道が一般化した時代に作られた、町衆などが使用していた天目茶碗。参考写真を見ると判るように、大川東窯で作られたと考えられます。発掘品を直して使えるように再生してあります。近年、欧米ではこのような直しのある作品が、日本人の美意識として流行しています。激動の安土桃山時代の雰囲気を残した茶碗。時代の雰囲気をお楽しみください。


















上へ戻る     閉じる