鍛冶町焼 白釉 徳利
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1814
送料込み 8,000円

高さ 約28cm/胴径 約17cm
口径 約5cm/高台径 約9cm

窯傷などはありますが、完品です。状態は写真でご確認ください。

鍛冶町焼は天保時代、岩手県花巻に花巻人形の製造業者、古館伊織によって開かれた窯です。 伊織は盛岡藩の御用焼物師となり、日常雑器を製作しました。本品は藁灰釉の白磁徳利。韓国の柔らか手の作品のように、白釉の地に赤みが染み出て温かい雰囲気があります。お酒が染み出て、ほんのりと暖色が出たようです。人も徳利もお酒で赤みがかるようです。 季節を問わず、花器として使用できます。寒椿などを活けると映えるでしょう。












上へ戻る     閉じる