尻焼 鉄釉・御深井釉 徳利
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 1811
送料込み 8,000円

高さ 約23cm/胴径 約12cm
口径 約3.7cm/高台径 約8cm

割れ、欠けはありませんが、経年の汚れや染みがあります。水は漏れません。状態は写真でご確認ください。

久尻窯は、岐阜県土岐市にある窯です。この地域一帯で焼かれた美濃焼は桃山時代、茶陶の名品を数多く生み出しました。 江戸時代に入り茶陶の需要が減少すると、日常雑器を製作するようになりました。本品は胴部が鉄釉、首部に御深井釉が掛けられた通い徳利。ありそうで、なかなか出会うことのできないタイプの作品です。秋から冬にかけて、花を生けると映えそうです。















上へ戻る     閉じる