西新窯(高取焼) 灰釉 飴釉掛け 花立
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 1799
送料込み 5,000円

高さ 約14cm/胴径 約10.5cm
口径 約4.5cm/高台径 約8.5cm

割れや欠けはありませんが、経年の汚れや口辺に水垢が付着しています。状態は写真でご確認ください。

西新町焼は筑前黒田藩の庇護のもと、1708年、福岡城下の西新町に開かれた窯で、主に陶器の生活用品を制作しました。本品は、高取焼の伝統である藁灰釉、飴釉が描けられた花立。他の窯や、現代にはない独特の造形をしています。赤い椿などを生けると映えるでしょう。民芸の花器としてお楽しみください。












上へ戻る     閉じる