高屋焼 染付 青海波 六角鉢
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 1793
送料込み 6,000円

口径 約23cm/高さ 約8.5cm/高台径 約11.5cm

口径に多数の使用によるアタリ傷がありますが、大きな割れや欠けはありません。状態は写真でご確認ください。

高屋焼は天保元年(1830年)、兵庫県豊岡市高屋地区で生産された伊万里焼系磁器です。近隣の出石焼とは一線を画し、独自の販路を使って京大阪方面で販売されていたようです。本品は山水と青海波がデザインされた六角鉢。伊万里焼というよりも、古染付を意識した作品です。京焼風の独特な雰囲気があるので、お茶席などの場で使用されていたと考えられます。磁器の民芸品というところでしょうか。磁器作品にも郷土色があって楽しいですね。
















上へ戻る     閉じる