浄法寺 朱漆 片口
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1783
送料込み 10,000円

口径 約27cm/横幅 約36.5cm
高さ 約20cm/高台径 約16.5cm

見込みや高台の根元に直しがあります。状態は写真でご確認ください。

浄法寺漆は岩手県二戸市浄法寺町で製作される漆器です。 平安時代に始まり、江戸時代に南部藩の統制下で発展、明治に漆の需要が高まると東北地方北部で採取した生漆を使用するようになって一気に生産量が拡大します。 本品は江戸時代後期に酒や醤油を分配するために作られた分配用の片口です。 一部に傷がありますが、塗りに堅牢さがあり、美しいフォルムをしています。 観賞用や落としを入れて花器としても使用すると楽しいでしょう




















上へ戻る     閉じる