柿の蔕茶碗
(20世紀後半)

商品番号 1752
送料込み 9,000円

口径 約14.4cm/高さ 約8cm/高台径 約5cm

口辺に3mmの直しがあります。状態は写真でご確認ください。

「柿の蔕」は、伏せた形と色あいが、柿の蔕のように見えるところに由来する茶碗です。 鉄分の多い砂混じりの素地に、薄く釉薬をかけ、釉肌は暗褐色で、土味はザングリしていますが手取は軽く、渋く侘びた特徴があります。本品は底に銘が彫ってあるのですが、作者は不明です。それでも「かっこよい」ので出品しました。形に縛られず、ストイックな感じがする作品です。秋には、このような茶碗が活躍しそうです。使っていくうちに育つと思います。















上へ戻る     閉じる