京塗 黒漆器 扇型蒔絵 図替わり 膳
(昭和時代 20世紀中頃)

商品番号 1749
送料込み 15,000円

横幅 約52.5cm/奥行 約27cm/高さ 約2.5cm
紙箱付き

秋の「時雨」に5mmのアタリ2ヵ所と1cmの直しが1ヵ所ありますが、全体的に使用感がなく、良い状態です。状態は写真でご確認ください。

縁側の四季を描いた琳派風の絵付けが施された京塗の黒漆器膳です。1枚づつ四季にちなんだ銘がつけられています。京都で、京料理や懐石膳として使われていたものでしょう。 この膳に合う食器や酒器を探してコーディネイトすると楽しいでしょう。足がついていないのでランチョンマットとしてテーブルでも使用でき、そのまま器として料理を盛り付けても華やかになります。さまざまな使用法が考えられる作品です。和洋両方の食事に使用してお楽しみください。





























上へ戻る     閉じる